2008年08月21日

音の多様性

音楽の「ジャンル」とは音楽様式形式ことである。古来音楽多く社会娯楽宗教儀式などを通じ、生活密接したものになっており、多く特徴ある形式様式を生み出してきた。音楽ジャンルは、現在聞くことの出来る音楽様式形式であると同時に、発生した源、歴史手がかりとなっている。かつてジャンル変化というのは比較的ゆっくりしたものだったが、レコード等が流通するようになってからは、音楽家地域時代を超えてすばやく色々ジャンル音楽を学べるようになったことにより、ジャンル融合等の試みも生まれ、ジャンル加速度的に分化されていった。現代音楽は、様々ジャンル複雑合成になっていることが多い。そんな中でもクラシックの良さが伝わって頂ければ幸いです
posted by   at 03:40| 音楽について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。